AD

2013/11/21

保証委託契約

こんにちは横浦です。

賃貸アパートマンションでは「連帯保証人不要」といったお部屋も増えてきています。
これは、連帯保証人を付ける代わりに、「保証代行」とか「保証委託」とか呼び方はいろいろありますが、保証委託会社と「保証委託契約」を交わしていただく、といったものです。

賃貸借契約においては、契約する本人はもちろんですが、連帯保証人の方にも契約書類に署名捺印をいただきます。そのため、書類を持って実家に帰ったり、遠方にお住まいの場合は郵送したりと手間と時間がかかります。
この「保証委託契約」をした場合、お身内の方を緊急連絡先としておけば書類への署名捺印はご本人だけなので手間が省けますし、いざという時もご自身が責任を持って対応しお身内の方に負担をかけることもなくなります。
しかしその分事前審査はありますし、やはり費用がかかりますのでその点は承諾していただきたいた上でご契約いただきたいと思います。

そしてこの「保証委託契約」ですが、賃貸管理会社にも当然メリットがあります。
保証委託契約を行なわなかった場合、例えば家賃滞納ですが、入居者が家賃を支払えず連帯保証人で対応していただくのも困難だったりすると賃貸管理会社は多大な手間と時間を要することになります。
しかし保証委託契約をしていれば入居者との折衝は保証委託会社が行なうので、賃貸管理会社はそこに手間をかけることがなくなり安心してその他の業務に取り組むことができます。

それらの理由や少子高齢化など社会情勢の変化などから、最近では多くの賃貸管理会社が「保証委託契約」が必須となってきています。

当社の管理物件では保証委託契約を前提とせず、お身内の方に連帯保証人となっていただくような契約にしています。しかし諸事情から連帯保証人が困難で、保証委託契約をご希望の方がいらっしゃれば対応いたしますので事前にご相談いただければと思います。

ではでは。

2013/11/07

20131107 日管協フォーラム

こんばんは横浦です。
今日は東京で「第1回日管協フォーラム2013」が開催されました。

10を超える講座に、席が足りない位の参加者(不動産関連)が集まり大盛況のよう。席がなく立ち見もいっぱいでしたので2講座しか聴けませんでしたが、いずれも今後の参考になる有意義な講座でした。

また前日から東京に入ったのですが、タイミングよく全国賃貸住宅新聞主催のセミナーを見つけ、そちらにも行ってきました。
会場は秋葉原だったのですが、雰囲気が凄いですね。総社にいたら見ることができない光景に圧倒されました。

そちらのセミナーでは、若手経営者の座談会を拝聴しました。時代を先読みし実行していくバイタリティは素晴らしいですね。日管協の講座で聴いた内容と違ったアプローチをされているようで、どちらが正しいかというよりもどう考えて行動していくか、がポイントのような気がします。
スタートは違いますがゴールは同じです。

そんな刺激的な2日間でした。
ではでは。
秋葉原はスゴい電気街ですね。AKBカフェやガンダムカフェ等々面白いものもたくさんありました。メイドカフェには入れませんでした、恥ずかしくて。
地下鉄は慣れませんね、路線も多いし駅は3Dで広いですし。電車に乗り間違えたおかげでスカイツリーが見学できました(^^;;