AD

2014/03/28

ひと息。

こんにちは横浦です。

この時期の不動産業界、特に賃貸仲介の会社では「繁忙期」といわれる時期です。
卒業式・入学式があり学生のお部屋探しが一番多いと思いますが、新社会人の方や転勤の方、お子様の卒業・進学の関係でお引越しをお考えのご家族など、1年で最も移動の多い時期となっています。

今年は引越し業界も過去最高に依頼が多く、場合によってはお断りせざるを得ない状況になっていると報道されていましたが、上記の事情プラスで、新築されて引越しされる方も多くなっていたのが原因のようです。
消費税増税が一番の要因ですね。

ということでこの辺でひと段落、といきたいところですが、ここからまだまだ業務があります。
契約書作成に重要事項の説明、退去後のクリーニングやリフォーム、鍵のお引き渡し、修理補修依頼の対応・・・。
やはり生活が落ち着くまではいろいろとありますね。

当社では賃貸仲介だけでなく賃貸住宅管理も行っているのでそうなるのかもしれませんが。

とりあえずここでちょっとひと息。
あと少し、入居されるまでは気を引き締めていきたいと思います。

2014/03/16

欠点もお伝えする

 こんにちはyokouraです。少しずつ春らしくなってきた気がします。
 賃貸アパートマンションにお住まいの方なら、住んでみてわかる欠点があると思います。
慣れてしまえば気にならないかもしれませんが、「わかってたら別の部屋にしたのに」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。
 築年数に関係しますが、電気の分電盤。
 築年数が古くなればブレーカーの数が少なくなります。テレビ付けてゲームしながらお弁当を電子レンジで温めつつこたつに入ってさらに電気の暖房器を入れると・・・。なんてことでブレーカーが落ちたりすることが。
ブレーカーの数が少ないと容量も小さいのでそういったこともあり得ます。

 ファミリータイプの物件で、部屋にエアコンを付けようとしたら穴もコンセントもなかった、なんてことも。「一家にエアコン1台」なんて時代もあったんですよ。
 そういえば昔は「ドラム式洗濯機なんて日本では流行らない」と言われてましたが、今では主流です。
洗濯機水栓の高さとか洗濯機パンの大きさ、スペースも変わってきますね。

 線路が近いと電車の音が気になりますので、僕のようにどんな物音でも簡単には起きない人でなければきついかもしれません(慣れてしまえばけっこう寝られます(^^;;)。
 そういったことも気軽に聞いてみてください。当社では事前に気づいたところはご案内の際にお伝えするようにしています。
 また、申し込みまでに一度はお部屋を見ていただくことをおすすめします。
 退去前のお部屋は見ていただくことはできませんが、既に空いているお部屋ならお時間を作っていただき実際の雰囲気や広さを体感した上で決めていただきたいと思います。

 「今決めないとなくなりますよ」は嘘ではありませんが、業者によっては申し込みを促す常套文句になっています。本当にそのお部屋でいいのか冷静に判断してくださいね。
 仲介物件はその可能性も高くなりますが、当社管理物件は状況がわかりますのでそんなにせかすことはしませんので。
 迷ったら「他で決まったらしょうがない」と思えるかどうかを考えてみてください。
一度暮らし始めると気軽にお引越しとはいきません。
いろいろと聞いてしっかり判断していただきたいと思います。
ではでは。

2014/03/08

賃貸のリフォーム

こんにちはyokouraです。

学生向け賃貸アパートのリフォームが着々と進んでいます。
今回は床と壁のデザインを変更、エアコン交換、インターホンをモニターホンに、室内物干の設置、といった内容。


床と壁は変更が完了し、写真のようになりました。

数多くある賃貸アパートの中から選んでいただくために、立地条件や設備・賃料などさまざまな要件がありますが、こちらの2件は室内の雰囲気・設備の充実度に重点を置いています。

デザインクロスも、建物の雰囲気などから違和感のないものをチョイス。
外観と室内のイメージがまったく違うとちぐはぐな印象になります。そこはバランスですね。
しかし年を経ると若い方の感性にはびっくりさせられます(^^;;

設備については学生をターゲットとし、セキュリティ面を重視した設備を採用しました。
カードキーは既に採用していて、インターホンをモニター付きに交換。誰が来たのかわかりやすくなります。室内物干は特に女性用。下着とか外に干せませんもんね。男性でも外に干してていきなりの雨、なんてときも安心です。
換気はしてくださいね。

ついでに窓には防犯用ロックを取り付ける予定。

下の写真はバルコニーのないアパートですが、布団を干すとき以外そんなにバルコニーに出る機会はないと思いますのでそこわ割り切って。

といった感じで着々とリフォームが進んでいます。
ぜひ実際のお部屋を見ていただきたいと思います。
ではでは。