AD

2014/05/30

続けることの大切さ・難しさ

こんにちは横浦です。

「継続は力なり」といわれますが、継続することは気持ちが大切です。
大きなところでは、一つのことを継続していくことで生まれるのが伝統であったり文化であったりすると思います。職人の世界も、継続することにより技術や心構えを取得してこそ成れるものだと思います。
しかしその途中では紆余曲折があったりさまざまな障壁があったりして、継続していくためにはそれらを乗り越えていくことが重要でそれが最も難しいことです。僕もそうですが、これまでにいくつか仕事も変わっていますしこの仕事も辞めたいと思ったこともあります。

当社は今年で35年。36年目に突入します。
ここまで継続できたのは地域の皆様や業界の方々に信用・信頼していただいたおかげでもありますし(全員が全員じゃないでしょうけど)、続けてきた先代の気持ちもしっかりしていたんだと思います。

僕はこの業界に入って10年が経とうとしています。
これまでの自分と比較するとよくここまで継続できたなと思いますが、周りから見ればたかだかまだ10年です。20年30年とさらに続けていかなければいけませんし会社も継続していかなければいけません。
でも10年続けられた、という自信は少なからずありますし多少の信用も得られたんじゃないかと思います。今後も続けていかなければいけない覚悟も身に付いたんじゃないでしょうか。

国内の離婚数は20万組を超えているそうです。大卒新人の離職者数は就職者全体の15%前後らしいです。
事情はそれぞれなので一概には言えません。リセットするのは早いほうがいいと思いますが、しかしそれまでに積み重ねてきたものもそこでリセット。
継続していくことでしか得られるない知識や経験は自分にとって武器になりますし、それに伴って信用や信頼が付いてきます。
リセットを繰り返せば繰り返すほどそれらの値は低くなりますし、得られる最大値はどんどんレベルが下がってきます。

社会生活を送るということは「現実の社会」で生活していくということ。
その中で生活していくのであれば、現実を受け入れその中で理想を模索していく必要があると思います。仕事なんて楽しいことばかりじゃありませんが、何年か経って笑い話にできれば無駄じゃなかったと思います。そんな経験は継続していなければ得られませんから。

目標達成のために何を捨て何を残しますか?
リセットの前にコンティニューすることを考えてみて下さい。
では。

2014/05/22

アパートの写真

こんにちは横浦です。

インターネットで賃貸アパートマンションを探す際、家賃や設備等の条件も大事ですが、掲載されている写真が最もわかりやすい材料で最も大事だと思います。
当社もそれぞれの室内写真をできる限り撮影し掲載しています。

昔はその部屋の写真が無かったら参考として別部屋を掲載していたこともありますが、今は写真が無ければ掲載せず、空室となり撮影可能になったら撮影に出かけ、サイズ等を修正して掲載するようにしていますので、今募集中の現状を見ていただけるようにしています。
それでも撮影に行く前に決まってしまうこともありますが(苦笑)。

本音を言うと、よほど遠距離で訪問いただけない場合を除いて、一度は実際に気に入ったお部屋を見て欲しいです。
部屋の良し悪しだけでなく、周辺の様子やバルコニーからの眺め、日当たり等々現地でしか感じられないことも多々ありますので、最低でも1回、いいのは朝・昼・夜・平日・週末と分けて見られるのがいいですが、ちょっと現実味がありませんね。

写真撮影って意外と難しいんですよ。
例えば外観写真だと、賃貸アパートマンションによって撮影できるポイントが限られてる場合、午前中に撮った方がいいのか午後の方がいいのかが変わってきます。
室内は快晴の日よりも薄曇りの日のほうがよかったりしますし、かっこいい写真なら夜に照明を付けて撮るほうがよかったり。

その他にもいろいろありますが「ただ撮ってきて掲載すればいい」ってだけじゃないんですよ、ということを知っておいていただければ幸いです。
では。

2014/05/17

賃貸仲介業者の業務

こんにちは横浦です。
まだ5月ですが、初夏の陽気になっていて自転車漕いでるとジリジリ日焼けしてる感たっぷりです。

さて当社は賃貸仲介業がメインですが、他にも賃貸住宅管理業もやっています。
さて違いは何でしょう?

賃貸アパートマンションを探す際に行くところはいわゆる不動産会社さんですね。
その不動産会社さんは、当社も含めて基本的には「仲介業者」です。
この「仲介業」は字のごとく「貸主と借主に賃貸借契約の内容を説明し理解していただいた上で契約締結の仲介をする」ことが仕事となります。

違う見方をすれば、基本的には「不動産仲介業者の業務は契約締結し鍵を引き渡すまで」なんです。

じゃぁ「入居中に起こる修理依頼や退去する際の連絡はどこにするの?」となりますが、基本的に入居中から退去されるまではその賃貸アパートマンションの大家さんだったり、大家さんから委託を受けた管理会社だったりします。

当社は国土交通省の「賃貸住宅管理業者登録」を行っており、いくつかの賃貸アパートマンションについては管理委託を受けているので、それに関しては入居中から退去までお世話させていただいています。

その辺りもお部屋探しの際の目安にしていただければ幸いです。
では。