AD

2016/04/23

空き家管理

こんばんは横浦です。
仮設住宅はもっと早くできないものでしょうか。

先日、当社のサイトに新しいページを追加しました。「空き家管理サポート」です。

「空き家等対策に関する特別措置法」が施行されましたが、これは「放置されている空き家に対して行政がいろいろと言ったり行ったりするよ」って法律です。
これまでは固定資産税の軽減措置などの関係で、空き家になっても更地にせずそのまま放置されてましたが、地域の環境や防犯防災などの観点から何とかしないといけない、といったことで行政から指導が入ったり命令したり、場合によっては壊したり(代執行)するってことです。
空き家を放置してたら税制優遇せずきっちり取るよ、ってことですけど。

「空き家管理サポート」は、例えば「実家の両親が住まなくなったけど、子供世代は都会に出て戻ってこないしどうしよう」とか「長期入院になるんだけど家をどうしよう」とか「実家を相続したけどどうしよう」とかいった場合に、当社が代わって月に1回、風や水を通したり、簡単に掃除したり、建物の状況を報告したり、といった内容です。

総社市内限定ではありますが、ご希望の方がいらっしゃいましたらメールにてお問い合わせ下さい。
報告はメールで行いますので、メールの送受信をできることが必須になります)

防犯・防災のリスクが一番怖いんですよ。
では。

2016/04/15

地震災害

こんにちは横浦です。
昨晩の熊本地震、ドキドキしながら報道を見ていました。
僕の両親が熊本出身のため、親戚がいますし両親の知り合いの方もたくさんいらっしゃいます。
親戚の安否がわかるまでは落ち着かず実家にいったん帰ったのですが、昨日のうちに連絡が取れ無事が確認できたのでよかったです。
しかし熊本で大きな地震が起こるとは思ってもいませんでした。
阿蘇山や桜島の噴火は予想できますが、それらとは異なる活断層の活動による地震だったらしく、熊本にお住いの大家さん曰く「前触れもなくいきなりドンッときた」らしいです。
岡山県では地震災害が起きにくく、阪神大震災や鳥取西部地震の際にも県南では震度3くらいでした。住宅の火災保険料の料率も最も低かったんじゃなかったでしょうか。
そういった部分では日頃の備えはなかなかできてない方も多いと思います。僕もそうですが。
とはいえ、今後起こらないとも限りませんし、台風での水害などが起こらないとも限りません。なのでちょっと防災グッズを検索してみます。
防災グッズもそうですが、今お住まいの場所近くの避難場所(「避難場所」と書かれた標識があると思いますので)などはチェックしておくなど、万が一に備えて置くことが大切です。
また、室内も上から物が落下しないように固定したり、高いところには重いものを置かないようにしたり、水の確保をしたり、万が一に備えておきましょう。
そんな有事に駆けつけ手助けしていただける消防団員も随時募集中(僕も地元の消防団員なもので)。
では。

2016/04/08

新しいこと。

おはようございます横浦です。
花見はここ数年行けてませんが近所の桜を愛でています。
4月になり新年度、ということで初々しい姿をあちこちで見かけます。
新社会人の方、始まったばかりですので気合入れすぎてバテないようにがんばってください。
人生は長いですから。
継続は力です。
昨年はいろいろと忙しく、予定していたことを先送りしていたこともあってここから始めることも多い年度になります。
いくつか手を付けかけていますが、如何せん身は一つ・・・。
ボチボチがんばります。
もうすでに手を付けたのがホームページの更新。
構造とかシンプルにしてメンテナンスしやすくしました(手抜きじゃないですよ)。
見ていただいてる方にも見やすくなったんじゃないでしょうか。
あと、4月から当社管理の賃貸アパートについて「フリーレント」を適用しています。
ここからの時期、引っ越し費用も安くなっていますので(というか3月とかが高かったですね)、この機会にぜひご検討いただければ。
売買物件については、仲介手数料を規定の「価格の3%+6万円(消費税別)」を「価格の3%(消費税別)」にさせていただいています(一部規定通りもあり)。
ここからもいろいろと予定していますが、小出しにしていきたいと思います。
なにせ、身一つなもので(苦笑)。
早く風邪が治ってほしい今日この頃。
では。

2016/04/05

資格更新

こんにちは横浦です。
今頃になって風邪です。気が緩んだんでしょうね。
今年は資格更新の時期。
更新といってもいろいろありますが、ひとつは重要な宅地建物取引士の更新。これまでは以前の宅地建物取引主任者だったのでいよいよ新しくなります。
不動産業をしている人は必ずといっていいほど所有している資格。これがないと専任宅建士になれないので会社も起こせませんし、何より重要事項の説明など仕事ができません。
なので最低でも経営者は持ってないといけませんね。
もうひとつは日管協の相続支援コンサルタント。こちらは協会の資格なので持ってなくてもいいのですが、不動産の相続に関するコンサルティングの資格。今後は活用する場が増えてくると思います。
相続に関するご相談もお気軽にどうぞ。
そして最後は公認不動産コンサルティングマスター。不動産活用のコンサルティング業務に役立つ資格です。宅地建物取引士の上級資格ですね。
不動産相続を含む土地活用、賃貸住宅経営などについてのご相談も承っています。
不動産に関する資格はこれ以外にも多々あります。
僕も他にも所有していますが、その都度勉強することによりお客様に適切な対応、情報を提供することができるのでいずれもしっかりと勉強し直していきたいと思います。
ということで、今年は勉強の年になりそうです。
では。

2016/04/01

4月になりました。

こんにちは横浦です。
ジャイアンツに優勝マジックが点灯しました(嘘です)。
3月は不動産業界の中でも賃貸仲介業界はいわゆる「繁忙期」と言われる時期でした。大学生や新社会人の入退去が最も多く、その他転勤等でも需要が最も多い時期ですね。
当社も無事に?繁忙期を迎えることができました。
そして4月。
今週末までは鍵のお引き渡しなどで繁忙期が続きますが、その後も実は続きます。
その後については「賃貸管理業」としての忙しさがやってきます。
基本的に「仲介」は鍵をお渡しして業務終了。入居されてからは大家さんだったり管理会社だったりが入居者のお世話をすることになります。
例えば「水が止まらない」「電気が点かない」「ゴミ出しがわからない」などなど、入居前に点検は済ませてあるのですが、実際に使ってみないと発生しない不具合もあるんです。そういったことに対処する「賃貸管理業」はもう少し忙しい時期が続きます。
とはいえお部屋探しも続きます。
4月中旬からは引っ越し業者さんの費用も通常に戻り逆に安くなったりするので、実は費用的には引っ越しをしやすくなります。
それにゆっくりお部屋を見て決めることができるようにもなりますので、意外とねらい目の時期だったりします。
お得なキャンペーンなどもあるかもしれませんよ。
当社も社員さん2人が同時にインフルになって、のこっと2人でちょっとパニックになりながらもなんとか乗り越えられました。
ちょっとだけ息抜きして、それから引き続きがんばります。
では。