AD

2016/08/19

コンパクトシティ

こんにちは横浦です。
住宅ローン金利も低く、家の購入を考えている方が多いと思います。
人口減少と少子高齢化が進んでいる中で「コンパクトシティ」といった言葉がよく聞かれます。これは、行政や商業を一定範囲に集約し効率的な住環境にしていくことです。生活圏域を一定の範囲にすることで経済面や環境面などからも利点が多く、将来的にはそういった方向に進んでいくと思われます。
でも家を建てるなら都市部がいいのか、といえば一概にも言えません。
コンパクトシティは生活サービスを集約して、家と各施設の距離を近くして利便性をよくするものです。
しかし今では、インターネットで何でも購入でき自宅まで配達してくれます。将来的にはドローンを使った配送も行われるでしょう。購入だけでなく、医療サービスや行政サービスなど各種サービスもネットで受けられるようになると思われます。僕の夢はレプリケーターが発明されることですね(スタートレック参照)。
そうなると、ネットに慣れ親しんだ世代なら、スーパーに買い物に行かなくても、市役所の窓口に並ばなくても、家にいてネットができれば郊外でも全然困らないことになるので、コンパクトシティでなくてもいいんじゃないか、といった考え方もできると思います。
逆にそうしたところに割く時間を、家族や友達とのコミュニケーションの時間にあてたりすることで、より充実した生活をおくれるようになるかもしれません。
そう考えると、利便性のよい都市部にこだわらず、自然が多く静かでのどかな環境を求めて田舎に自宅を構える、ということでもいいんじゃないかと思います。
今でもそうじゃないですか?近くにお店があっても気に入ったお店が別の所にあればそっちに行ってませんか?車通勤で帰りに違うスーパーに寄ってませんか?
ええそうですよ、僕の住んでるところは田舎です(笑)
では。

2016/08/18

家族旅行in名古屋

こんにちは横浦です。
夏期休暇も終わり、今日から通常営業です。
1年に1回は家族で旅行に行くことにしているのですが、今娘が水族館にハマっているので水族館のあるところで検索した結果、水族館のある名古屋に決定。新幹線駅があって移動も楽なので。
名古屋は東京への通過駅で降り立ったのは過去一度だけ。ほぼ初上陸となります。
今までの家族旅行も観光地を数多く回るような旅行はしてなくて、多くても2ヶ所くらいをじっくり見て回るゆったり見て回る旅行ばかりだったのですが、今回は「名古屋ボストン美術館」「ノリタケミュージアム」「名古屋城」「オアシス21」と、うちとしてはかなりがんばって観光しましたね。
名古屋港水族館の周りにも、南極観測船「ふじ」があったり、展望台があったり、ちょっとした遊園地があったり、ここだけで1日充分に遊べる雰囲気がありました。
娘がぞっこんのイルカショーを2回観たのでほぼ水族館内でしたが、お盆休み&日曜日ということもあってかなりの混雑ぶりでじっくり見て回ることはできませんでした。でもシロイルカやシャチもいてなかなか楽しかったですよ。
「ノリタケミュージアム」は妻のリクエストだったのですが、時間がなく絵付け体験だけになりました。完成は約1ヶ月後、郵送してくれるそうです。その後行った「名古屋城」では、扇子作り体験コーナーがあってそこで時間を取ったので城の中には入りませんでした。夜はライトアップされてきれいでしたね。
娘は鑑賞するよりも作ったり体験したりするイベントの方が好きなので、今回の旅行はいろいろできてよかったです。
「オアシス21」って車のCMに出てきた場所なんですね。夜は宇宙船みたいでした。
そんなハードスケジュールの家族旅行、自分自身が休めたかどうかはわかりませんが、家族が喜んでくれたので良しとします。
帰りの岡山駅ではゲリラ豪雨になり、乗った電車が出発しなかったのでイオンモール岡山で夕食を取ってブラブラ。その後再び岡山駅に行ったのですが2時間以上たってもまだ運転してませんでしたね(4時間以上遅れたそうですが)。
結局タクシーで帰りましたが最後の最後で大きなハプニングになりました。
さて、ここからしっかりお仕事がんばりますよ。
では。

2016/08/07

2階リビング

こんにちは横浦です。
オリンピックに高校野球にプロ野球、まさに熱い夏ですね。

都市部では2階リビングの住宅も見かけると思います。総社市でも今、2階リビングのモデルルームが建築中です。

2階リビングは、例えば南側に隣の家が迫っていて日当たりが見込めなかったり、多くの人が通る通りに面していたり、といった日照面やプライバシー面の気になる立地の場合にはとても有効な間取りです。その場合、1階にお風呂や寝室を持ってくるのが一般的ですね。
勾配天井にして天井を広く高くすることもできるので、開放感のあるリビングができたりもします。
都市部では狭小住宅になる傾向があるので先の2つの面でも有効ではないでしょうか。

とはいえ欠点というか再考すべき点もあります。
ひとつは必ず階段を使って昇降しなければいけないこと。若いうちはまだいいですが、高齢になると階段はきつくなってきます。家庭用エレベーターを設置すればそんな心配もいりませんが・・・。
もうひとつはあまり例がないですが、減築が難しいこと。一般的な家だと、子供が独立して固定資産税もかかるし掃除も大変だし、ということで2階を壊して平屋にしてしまうこともできますが、2階リビングだとそうもいきません。するにしてもキッチンを1階に移設しなければいけませんので、工事費がかさみます。
100%満足のいく家はないかもしれません。2階リビングに限らず、問題点をどのような方法でポジティブに解決するかが大事ですので「ああだからダメ」「これだからダメ」と決めつけずに住まいを作っていってほしいと思います。
メークドラマ再現なるか?
では。

2016/08/01

近況報告

こんにちは横浦です。
久しぶりのブログです。バタバタです。

数年前にぎっくり腰になったせいか、たまに来る腰の痛みに悩まされています。最近も具合が悪く時間ができたときに整骨院へ行っていますが、すぐに治るものでもなく悶々とした気分で過ごしております。
それにしても患者さん多いですね、整骨院。僕が通ってるところがそうなんでしょうか。他にも流行ってるところがありますが、患者さんが多いのでフラッとは立ち寄れませんね。

めぐりあわせがいいのか、仕事の方もいろいろとさせていただいてます。
賃貸仲介のほうは社員さんがテキパキやってくれるので、僕が手助けしなきゃいけないこともほとんどないのですが、方向性だけは理解して接客してもらうようにしています。
お部屋探しのご来店があって申込みいただくのも仕事ですが、当社にはノルマがあるわけでもないので申込をいただくという結果ではなく、その方にとって最善のお部屋を提案できるかどうかが大事だと思っています。

今話題の不動産屋のテレビドラマも観ていますが、あれだけうまく売れるのはドラマなのであって簡単にはいきません。しかし、提案力を中心に観てみれば不動産仲介業にとってのマニュアル的なドラマじゃないかな?と思います。皆があんな業界人になれるといいですね(愛想は必要ですが)。

自分自身、社員さんに指導するほどできる人間じゃありませんし、学ぶべきことがまだまだあります。少しでもお客様が気分よく取引できるようにがんばっていこうと思います。

夏休みは子どもをいかにだらけさせないか悩みますね。
では。