AD

2016/11/28

【閑話休題】来年の手帳は「ジブン手帳」

こんにちは横浦です。
そろそろ12月ですね。
毎年悩む「手帳」。
毎年購入はしているものの、途中で使わなくなったり使いこなせなくなったりして一年フルで使ったことはないのですし(ダメじゃん)、最近はスマホアプリもあるのでなくてもいいんじゃないか、とも思ったりするのですが、バッテリーやWi-fiの関係もあってアプリ一本に絞りにくいですし、手書きは脳が活性化するらしい、ということで来年はしっかりと活用しようと思ってます。
で、どの手帳にしようか悩むところ。
いろんなのが出てますがどれも帯に短したすきに長し。
方眼タイプが好みなのでそれは外せない。その中で使えそうなのを探したところ、見つけたのはコクヨの「ジブン手帳」。
スターターキットには3冊の手帳が入っていて、うまく使いこなせればこれ1冊で事足りるんじゃないかと思います。
方眼ノートの「IDEA」はこれまで使っていたロディアの代わりをしてくれそうですし、「DIARY」のマンスリーカレンダーにはちゃんと六曜も入ってますし、中長期的な目標を考えることができそうな「LIFE」もあります。

・・・ま、使いこなすには時間がかかるでしょうけど(苦笑)
ちょっと良いカバーも購入したので無駄にしないようがんばります。
ちなみにボールペンはジェットストリームの3色。ジェットストリーム派です。
では。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ << Click.

2016/11/27

【閑話休題】日々雑感

こんにちは横浦です。
雨が降るのって久しぶりな感じがします。

11月に入り勉強会やセミナーなどが多く、また契約や案件とかいろいろあってドタバタさせてもらっています。
セミナー等については東京や広島など県外のことが多いので移動も含めて一日がかりになっちゃいます。さすがに東京は一泊しましたけど。
そういえば数年ぶりに大阪にも降り立ちました。

都市部ではさまざまなセミナー等が開催されていて、実際東京にも行ってきましたが、ネット社会になってもやはり中心部に情報は集まっていくんだなぁということを実感しています。
しかし、地元にもああいったセミナーが開催されればなぁとも思いますが、たまに東京に行く楽しみも捨てがたい(笑)。

ただ愚痴ってるわけにもいかないので、もっとミニマムに、端っこの中心になればいいんじゃないか、と前向きに考えてみることにしています。
中心に集まる情報を手に入れ、端っこの中心でいかに活用するか、そこから何か産まれるかもしれないしダメかもしれませんが、得られる情報を検証しながらできることから実践していこうと思います。

東京はもちろんですが、広島駅の北口もかなり変わってきましたね。
そんな感じで変わりながらも日々進化し続けて、受け入れられる体制にしていきたいと思う霜月の一日でした。
では。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ << Click.

2016/11/19

全管協中国支部セミナー 20161118

こんにちは横浦です。
昨日は広島に行ってきました。

広島駅は久しぶり。会場へ行くため北口に出ましたが、工事中の中、2階にピロティ?ができてて隣のホテルを経由して道路の向こう側まで行けるようになってました。
これはかなり便利です。

今回のセミナーは、賃貸住宅の商品紹介セミナー。
まぁ要するに「管理会社さんが賃貸住宅に関わる商品を販売して利益を上げましょう」といった趣旨のセミナーなんですが(決して怪しくはありません)、防犯キーやインターネット設備など今ではごく普通にアパートについている設備関係とか、ICカードキーやカード決済などこれから必要になってくるであろう商品などを紹介するセミナーです。

当社的としては、利益ももちろん大切ですが、それよりも新しく採用できる設備はないか、家主や入居者にメリットのあるものはないか、が大切で、個別に探すより一度にいろんな商品やサービスを見つけられる今回のようなセミナーはいろいろと参考になります。
ちょっと人は少なくなっていますが、様々な商品ブースがあってみなさんいろいろとお話されていました。

管理会社向けの商品もありますが、当社程度だと導入メリットのないものもあったりします。役に立ちそうな商品もありますが、大家さんや入居者さんに負担ばかり強いてメリットが少ないのも中にはあるので、しっかり吟味して採用できるものできないものを取捨選択する必要があります。
しかしいろんな商品がありますね。

そんなこんなで、久しぶりの参加でしたがなかなか充実した時間となりました。
あとは帰ってみんなと相談です。

新倉敷駅から「こだま」に乗りましたが、700系だったのでエヴァ仕様ではありませんでした。
では。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ << Click.

2016/11/16

日管協フォーラム2016 20161115

おはようございます横浦です。
久しぶりの東京は暖かかったです。
11月15日、東京の明治記念館で公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(日管協)が主催の「日管協フォーラム2016」が開催され、朝一の飛行機に乗って行ってきました。

1泊の出張、飛行機+宿泊プランなら安いんですよ。3万円切るプランもあります。
日管協フォーラムは、賃貸住宅に関する20以上のセミナーや商品ブースなどが集まる、賃貸仲介会社、管理会社にとっては大きなイベントです。2200人以上が来場されていたようですね。すごい数です。

一人で聴講するには限りがあるので、お知り合いの方が講師をされるのもあったんですが、今回は絞りに絞って賃貸住宅のトラブル事例やQ&Aなどを中心に聴講してきました。
建物が古くなればさまざまな修理トラブルが発生します。それをいかに円満に解決するか、管理会社として起こりうることにいかに対処していくかが重要になってきます。
上の写真は署名な熊切氏のセミナー。初めてお話を聞きました。
さすがに1日にいくつもセミナーを聴講するのは疲れましたが、いずれも充実した内容だったので、今後しっかり現場にフィードバックしていかなきゃと思います。
夜は中国支部の先輩方にお誘いいただき食事へ。
普段ほとんど飲まないのですが、お店の名前でもある国産ウイスキー「響」をちょっといただきました。香り豊かで深みのある味わい、なんてかっこよく書きましたが、今まで飲んだウイスキーの中でも一番でしたね。

さすが先輩方、いいお店をご存知です。料理もお酒も夜景も素晴らしかったです。
あ、もちろん会話も(笑)。

トンボ帰りになりますが、充実した1日でした。
皆様ありがとうございました。
では。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ << Click.

2016/11/14

【閑話休題】「不動産キャリアパーソン」取得しました

こんばんは横浦です。
明後日くらいから寒くなりそうです。

先月受講した「不動産キャリアパーソン」に合格しました。
「不動産キャリアパーソン」は、宅建協会が不動産取引の実務知識の取得に重点を置いた通信教育資格です。「消費者への適切な情報提供に資する者」の証明として宅建協会が認定する任意資格で、通信講座ではそれぞれの業務の流れに沿って勉強できるので、経験の浅い方などにもオススメです。
宅建協会への入会時義務履修となっているようですが、消費者が安心して不動産取引できるようになるためにキチンと勉強をしておくことは必要なことだと思います。

僕も経験値が高い方ではないので、この講座を受けて「なるほど」とか「そうだよね」と思うことがありました。
慣れてくると効率よくしようと考えて手間を惜しんだりすることが出てきますが、こうして勉強することで不動産仲介業の重要性にあらためて気づかされますし、より安心安全に取り引きしてもらえるよう努力してかなきゃいけないなぁ、と初心に戻ることができます。
宅建協会の任意資格ですし対外的に効力を発揮するわけでもないですし、絶対持ってなきゃいけないものでもないですが、日々の業務に慢心しないためにも、これに限らず勉強しておくことは大切だと思います。

ま、普通に実務してて通信講座受ければ合格できる難易度だと思いますよ。

岡山県宅建協会では、「公認不動産コンサルティングマスター」「不動産キャリアパーソン」「賃貸不動産経営管理士」の3つの資格を持っていると「不動産エキスパート資格者」に認定してくれるそうなので、登録証が届いたら登録してみようと思います。
備中支部はまだいませんね、よしよし僕が最初かな。

先日受けた別の資格試験の話はまたいずれ。
では。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ << Click.

2016/11/06

日管協住環境向上セミナー 20161105

おはようございます横浦です。
昨日はセミナーに行ってきました。

加盟している公益財団法人日本賃貸住宅管理協会岡山県支部が主催する「賃貸住宅の住環境向上セミナー2016」。
100人には届きませんでしたが、遠くは津山の方からも賃貸オーナー様がお越し下さり、有意義なセミナーになったんじゃないかなと思います。
何もしてませんが、僕は一応主催者側です(ワイケイ興産様、準備等ありがとうございます)。
まずは日管協副会長でもあり、宮城県の今野不動産社長でもある今野氏が東日本大震災を経験された話から。
久しぶりに東日本大震災の映像を見ましたが、何度見ても胸が苦しく気分が沈みますね。
岡山県でも先日の山陰で起こった地震の影響がありましたが、まだまだ震災に対する心構えとか準備とかできてないです。
あらためてしっかりと準備しておかなければいけないと思いました。

続いて日管協本部の飯島氏。
たまたまですが、当日隣の広島県ではカープのリーグ優勝パレードが行われていたので、本音としてはそちらに行きたかったんじゃないかなーと(飯島氏はカープファンです)。
賃貸オーナーに関わる法改正などについて説明していただきました。

最後にネットワーク88の幸田氏。数字やグラフから今後の不動産業界の流れを予測していただきました。

賃貸オーナー様にとってはもちろんそうですが、僕たちにとっても非常に価値のあるセミナーでした。
というのも、地元総社市でこのようなセミナーは皆無ですし、岡山県内においてもほとんどないですね。近くても広島県、普通に大阪や東京で開催されている内容でした。

逆に言うと僕たちは主催の立場にならないといけないので、もっと賃貸オーナー向けに開催していく必要があるのかもしれません。
でも、今回のように外部の方からの話のほうが聞き入れやすいといった側面もあるんですよね。

今回ご参加いただいた賃貸オーナー様、ありがとうございました。
では。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ << Click.

2016/11/03

土地の評価は一定ではない

こんばんは横浦です。
めっきり寒くなってきました。

「近所の土地が〇〇万円で売れたらしいから、うちのも売れるんじゃ?」
と相談を受けることがあります。
そうですね、それは「近所の土地」の市場価格ですね。

土地の評価は一定ではありません。
近所が〇〇万円で売れたからといって、全ての土地がその価格になるとは限りません。

例えばその○○万円が分譲地の価格であった場合、農地の場合はそれよりも低くなります。
というのも、
分譲地の価格-造成にかかった費用-手続等の諸費用-利益=元の土地の価格
となるからです。
農地は「元の土地の価格」ですね。

他にも、土地の広さや形状はもちろん、用途地域・駅からの距離・接している道路の種類や広さ・隣の建物などなど、土地の価格に反映される事柄は数多くあります。
例えば南道路の住宅地と北道路の住宅地を比較すると、坪単価で1万円から3万円くらいは差が出ると思います。50坪の住宅地と100坪の住宅地を比較しても、坪単価に差が出てくると思います。

お持ちの土地が活用できるのか、価格はどのくらいになるのか、周りが〇〇万円で〇〇万円で売れたからといっても個別判断になるので、まずは一度不動産屋に相談してみてください。

評価の高い土地のオーナー様には多くの不動産屋が行ってると思いますよ。
では。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ << Click.